木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

15.01.14 座卓の底上げ。

座卓の底上げ。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

先日のブログ書いた、座卓の底上げするための脚部の成形が完成しました。
今回も仕事がのってきたと思ったら、葬儀の連絡。
もうさすがに慣れましたけどね。

座卓の脚に合わせて作ると、どうしても大きく重い感じになるので、先窄みの形にしました。
そして紫檀のすんばらしいものなので色を合わせるため、まずウォールナットで着色。乾いてからのマホガニー着色で完成しようかと思っています。

15.01.08 今年はきこりの講座は無さそうですね。

今年はきこりの講座は無さそうですね。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年一発目の写真は、先日納品してきた小学校の棚にしようかと思っていたら撮り忘れ、正月の寺も撮り忘れ、次の仕事に使う栃の角材にしました。
次の仕事では、歳を取り椅子の生活になったので、座卓をテーブルの高さにしてほしいとの御依頼から座卓の底上げをすることになりました。以前お世話になっていた福島の『きこりの店』での端材市で買った2000円の栃の角材。以前はバンバン良い材料出てたもんね~。

さて、『きこりの店』での講座は今年開催しないご様子です。毎年、年始には予定表を告知して生徒募集していましたが、今年はそれが無い。
僕や男のスタッフが辞め人数が少なくなったとはいえ、数年前は僕と店長2人だけしかスタッフがいない時期があったにも関わらず講座を開催していました。講座は確かに生徒人数が揃わなければ利益が出にくく、しかも先生からの企画・準備は無償。持ち出しの道具の有りとボランティア的な要素もありました。
しかし、その誠意が生徒に伝わり、リピーターや講座が無くても遊びに来てくる人がいたりと嬉しい限りでした。その、金額では表わせられない部分を会社は認めてくれていると思い、こちらも頑張っていましたが・・・。本当に残念です。

さて、今年は夏に有志で講座を開こうと話し合っています。
きこりの講座を部屋を借してくれ!あとは自分たちでなんとかするから。というスタンスで開催予定です。上手くいけば良いのですが・・・。
色々と書きましたが、きこりの店が何とか良くなって欲しい!昔のような店に戻って欲しいとの気持ちからです。きこりの店を侮辱や非難しているつもりはありません。あしからず。