木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

14.07.19 桟木を作る。

桟木を作る。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

どうもご無沙汰しています。
7~9月はもう一つの仕事の方が忙しくなるので、木工は一時休業しています。
しかし、お金に成らない仕事なら沢山やらなければなりません。
これもその一つ。桟木作り。
福島のウッドバンクから木材を引き上げるのですが、なんと桟木は有料なんです。
貰えるんじゃないかと少し思っていた僕が甘ちゃんなのですが。

桟木の値段もそこそこしたので、こちらの余った杉・松の材料と足らない分は野縁材を買ってきて作るつもりです。
とりあえず余った材料で約150本製作。計算上だと残り200本必要なので、もう少し倉庫を探してみよう。

14.07.10 倉庫からの材料運び。

倉庫からの材料運び。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

4回福島県の往復をして、ようやく倉庫の材料が一段落しました。
車の後ろの座席を外して室内を広くしたおかげで、細かいものから長さ1800mm位まで終了です。しかし、こちらの作業部屋がかなりのスペース潰れてしまった。小さい手押しと自動を入れたかったのに、スペースをもう一度見直さなくては。

残りの長い材料は、ウッドバンクに預けてあった材料と共に8月末に業者に搬入してもらう予定になってます。
これで、やっと福島で掛かっていた年間・木材維持費が無くなります。
あ~スッキリした!

14.07.08 勉強机講座~第4回目。

勉強机講座~第4回目。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

今回で勉強机講座が最後ということで、抽斗の枠を接着。そして抽斗の加工を行いました。
何とか抽斗は無事に終わりましたが、全体の接着や天板取り付けなどが残ってしまいました。全部終わらせたかったんですけどね~。残念です。
ですが、生徒さんの
『後は自分で出来るから!完成したら写真見せるから!』とのお言葉に、皆さん頼もしく成長したなぁと感慨深かったです。

さて、これで今年の福島への出張は終わりになります。
生徒さんが『来年も講座やろう!』と言ってくれたので、来年は嫁さん実家・郡山への里帰りに合わせて講座を開催出来れば良いなと考えています。
後は、きこりの店がOK出してくれるかな?

14.07.02 勉強机講座の準備。

勉強机講座の準備。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

7月5.6日で舘岩に勉強机講座に行ってきます。
これで今年は最後の講座となります。
多少の接着や仕上げが残っているものの、2日目には抽斗の加工や取っ手の加工が出来るハズ!いや、今回はスパルタで!終わるまで帰らせない!
という気持ちで抽斗の模型を作りました。

抽斗の前板も斜め加工。なので、どうしても手加工になってしまいます。
取っ手も結構めんどくさいです~でもこういう加工こそ教わらないと分からないと思うので、頑張ってもらいましょう。