木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

14.06.30 ドライブレコーダーの取り付け。

ドライブレコーダーの取り付け。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ロクロの三相200V動力工事を電気屋さんにお願いしたんですが、電力会社の工事もあり約1ヶ月掛かるということでロクロはいったんストップ。
久々に寄木のタネを作っていたら、子供からの胃腸炎が家族に蔓延し嫁さん共々、3日ばかりほど悶絶していました。

ようやくPC出来るまでに復活。
僕も37歳のおじさんになったからね~体調管理には気を付けないと。

さて、木工と全く関係ないですけど車にドライブレコーダーを付けました。
先日、講座の生徒さんの車に付いていて良いな~と思ってたんです。
ちょっと衝動的にね。買っちゃいました。

14.06.24 勉強机講座~第3回目。

勉強机講座~第3回目。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

6月21.22日と舘岩で『勉強机講座~第3回目』を行いました。
今回の目標は、抽斗の外部・枠部分の加工。

僕が抽斗・枠の背板を入れる・入れないと二転三転しましたが、
『置き家具はどこに置くか分からないから、すべての方向から見えることを考えておかなければならないのです。』と僕の師匠の言葉を思い出し、やっぱり加工して下さい。
とのことになりました。
先生が優柔不断で済みません・・・。

次回で完成させるぜ!みんな頑張って下さい。

14.06.19 刃物の鍛造~その3。

刃物の鍛造~その3。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

予定通りに刃物を鍛造しました。
今回は平バイト。そして斜曲げ(ハスマゲ)。

主な用途は、斜曲げは荒取り加工に。
丸バイトは形にの整形に。
平バイトは仕上げ加工に使用します。

残りはは福島から帰って来てから頑張ります。

14.06.18 刃物の鍛造~その2。

刃物の鍛造~その2。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

前回からの続きで刃物(バイト)の鍛造です。

金床などの治具を用意し、ハイス鋼は以前オフ・コーポから購入した旋盤用のバイトを加工することにしました。これなら厚みは約7mmと加工しやすそうです。
しかし買ったときから思ってたけど、このオフのオリジナル・バイトセットのハイス鋼に『焼き』が入ってないんじゃないの?切れ味悪いしさ~。

それはともかく鍛造してみると、意外なほど上手に行きました。
丸く曲げるところも治具がバッチリ利いてみたいです。
写真上が旋盤用のバイト。下が鍛造したロクロ用のバイト。

今回は試しに、丸バイトを作ってみたので次回は平バイトを作りたいと思います。

14.06.17 刃物(バイト)の鍛造。

刃物(バイト)の鍛造。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ロクロで使う刃物(バイト)の鍛造を行ました。
やってて思い出しました。これ当時から嫌いだったなぁ~と。
熱いし、なかなか形にならないし。この作業を経験して将来、金属加工の仕事にはつくまい!と思ったくらいですから。

さて、結果はというと失敗に終わりました。
どうも用意していたΦ19のハイス鋼の径が大きすぎたようで、2時間位叩いていましたが、一向に平たくなりません。よくよく調べてみると、Φ10~15位のを皆さん加工しているようです。リサーチ不足でした。トホホ・・・。
そして、金床も鉋の刃物を調整する用で、小さいみたいです。鍛造していると一緒に跳ねることがあってやりにくい。
治具を作って再チャレンジします!

14.06.15 まだまだ続くよ、ロクロの準備。

まだまだ続くよ、ロクロの準備。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

まだまだロクロの準備中です。
細かなセッティングをしている最中です。
動力部にも木で作った箱を上から被せて、おが屑が入らないようにしました。
次はいよいよ、ロクロで使用する刃物(バイト)を製作しようと思います。

※業務連絡になりますが、6月21.22日に『勉強机講座~第三回』を開催しに福島に行って来ます。今回は土曜日、宿に泊まらないことになりましたので、よろしくお願いします。

14.06.11 ロクロ機械部の据え付け。

ロクロ機械部の据え付け。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

作業机が完成し、ロクロの機械部分を据え付けました。
4本のボルトでガッチリと固定し、多少の振動でも動かなくなっています。

奥と手前の机には約50mmの段差を付け、材料を固定した時に作業机に当たらないようにしてあります。旋盤とは違いロクロでは大きいものより細かな加工に向いているので、これくらいのクリアランスでまあ大丈夫でしょう。
というか、あまり大きいものを回すと怖いんでしょね。
あの、『ブーン』という独特の音と、いつ飛んでくるかもしれないっていう感じがね。

14.06.08 まずは机の製作。

まずは机の製作。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ロクロですが、まずは機械を据え付ける机&作業する机の製作です。
作業机はある程度の重さが必要なので、残っていた3寸角材を脚にしました。

まぁ、こういう机は得意分野ですからね。
寸法さえキッチリと押さえていれば大丈夫です。

14.06.05 いよいよ木工用轆轤(ロクロ)の製作。

いよいよ木工用轆轤(ロクロ)の製作。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

木工の道に入ってから約12年。
初めて入った木工の会社は、木工用のロクロで小物を製作する会社でした。
退社して訓練校に入学するときに『自分が独立したら、ロクロの機械を設置する!』と決意してから、今まで長かった~。

作業場も片付いてきて、仕事も一段落。
このタイミングしかないぜ!俺はやるぜ!

協力してくれたTさん、Kさん遅くなりました。
頑張ります。
あと2年早く出来てたら、講座に出来たかな~なんて思ったりして。

14.06.03 子供用の姿見。

子供用の姿見。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ようやく完成。前々回のブログで作っていたのは子供用の姿見でした。
鏡の後ろにはポールが渡してあって、子供服を掛けれるようになっています。
また、大きな抽斗が一つ付けてあるので、中に服や小物を入れることが出来ます。

鏡の微妙な角度はもちろん、抽斗が加わったことで、ま~大変でした。
でも完成して一安心。やっと納品出来ます。