木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

13.04.30 ちょっとギックリ腰になっちゃいました。

ちょっとギックリ腰になっちゃいました。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

このところブログの更新が滞っていましたが、数日前のギックリ腰をやってしまい、作業場作りは一時ストップ。
『あぁ~俺も年だ~』なんてベットの上で嘆いていました。

そんな中、きこりの店でお世話になったお客さんが、伊勢の帰りに家に寄って下さいました。
いや~ありがとうございます。
弱っている時は、いつもの1.5倍は人の優しさを感じるもんです。
有り難かったです。

木工の写真が無いので、久々の僕のサービスショット。
袈裟姿での御勤め風景でございます。

13.04.24 ようやく一段落です。

ようやく一段落です。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

コンクリ(実際には、鉄クズと砂利を混ぜたモルタルですが・・・。)での水平が一応出来ました。
±5mmくらいには収まったんではないでしょうか?元建築会社内のISO基準はクリアー出来てませんが、こんなもんでしょう。

そしてコンパネを下に引いて、道具棚を作ったら一段落。
やっぱり使用出来るスペースは6畳くらいでした。
次は、隣の部屋の壁を打ち抜いてスペースを広げ、手加工室を作りたいと思っています。
がしか~し、その前に打ち抜く部屋内の荷物の片付け&移動が残ってるんですよね。
気長にやってみます。

13.04.23 床のコンクリートレベル。

床のコンクリートレベル。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

さて、作業場の床のレベル(水平度)がかなり狂っています。
レーザーの水平器で壁に線を当ててから測定すると良く判ります。

そこで、コンクリートを練って床を水平にもって行きたいと思います。
まぁ、将来的には大型機械を置きたいと思っているので、多少大変でもやっとこうかなっと。

13.04.17 棚が一つ完成。

棚が一つ完成。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ようやく棚が一つ完成しました。
2×4のパイン材でなるべく狂いの少ない材料で、どうにか薪が置ける場所を確保しました。
それにしても、読経で朝・夕の2時間しての作業なので、遅々として進まず。

ばあちゃんが木工よりも、寺が一番!と言ってました。
そう。そうかもしれませんね。
もうそろそろ、気持ちを入れ替えてお寺を一番に考えないといけないのでしょう。
しかし肉体労働の気質が抜けないッスね~。

次は作業場の床のレベルを直したいと思います。

13.04.14 青空木工。

青空木工。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

さて、まずは薪置きの棚作りからですが、もちろん作業する場所がないので外での作業となります。
青空木工なんて久しぶりだな~。
横では子供がシャボン玉なんかして遊んでますが・・・。
初心を思い出しました。

2×4のパイン材での加工。
しばらくはパイン職人と化すのだろうな。

13.04.11 三重県に引っ越しました。

三重県に引っ越しました。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

3月末に福島県→三重県に引っ越し、ようやく少し落ち着きました。
子供は小学校が始まり、ネット環境や住環境も何とかなりつつあります。
なので、また日々の木工について更新してみたいと思います。

さて、三重県での作業なのですが、先ずすべきことは作業場の環境作り。
仕事受けるのは環境が整ってからですかね。

昔は炊事場として使用していた古い建物があるので、そこを整理&改善して木工作業場として作り変えたいと思います。
しかし、薪やら古物が散乱して片付かないです。
こりゃ~整理棚から作らなくては・・・。