木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

11.08.29 2011年マイテーブル・天板講座。

2011年マイテーブル・天板講座。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

マイテーブル・天板講座の一回目が土日で開催されました。
今回の材は持ち込み材の桜。そして用意した栗・オニグルミとバラエティーに富んだラインアップです。

もちろん反り・狂いがあり、それを矯正するのに皆さん四苦八苦していましたが、なんとは時間内に終わることが出来ました。
お疲れ様でした。

11.08.28 丸脚の加工。

丸脚の加工。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

久しぶりの丸脚でベンチを作ることになりました。

最初は旋盤でやろうかと思いましたが、倣い加工が出来るルーター治具で作ることにしました。
やっぱ楽チンですね。この治具では、エンドミルを使った方が具合が良いみたいです。

さて丸棒は旋盤だろうが、ルーターだろうが回転して加工するので、どうしても木目に対して横ズリの傷が出来ます。♯240までペーパーしたんですが、試しにオイルを塗ってみたら傷が浮き出てきたので、最後は鉋で仕上げしました。
昔、先生に『ペーパーの後は鉋の刃が痛むから、鉋をかけるな!』なんて怒られたことを思い出しました。確かに刃が切れなくなるんですけどね~。

11.08.24 娘の勉強机・脚加工。

娘の勉強机・脚加工。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ずいぶんと秋めいてきました。
ススキやコスモスが咲き、朝晩は長袖に衣替えです。
これから紅葉が楽しみです。

さて、娘の勉強机・脚部を作ってます。
ただの4本脚なら簡単なんですが、文房具などを入れる引出が2つ入るように枠部分を作るのに苦労しています。
仕事もしながらなので、1日30分くらいの作業が限界ですねぇ~。
娘の誕生日には間に合いませんよぉ。

11.08.20 集塵機の取り付け。

集塵機の取り付け。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

以前、FESTOOL デュアルモードサンダーポリッシャー RO125FEQ(ROTEX)を購入したと書きましたが、どうもペーパーに粉が詰まり、それが痕になってしまうなぁ~と悩んでいました。

そして、先日『テクノトゥールズ』営業さんの『FESTOOLは集塵機付けないと本領発揮しないですよ。』との一言にハッとしました。
そうか~FESTOOLは集塵機付けての作業が前提の機械なんですね。さすが木工機械のメルセデス!
山の中では集塵機はあまり意味が無いと、ないがしろにしていました。

とは言うものの、いきなり10万もするFESの集塵機は買えないので、使っていないHITACHI・RP30SBを接続してみようと考えました。
ジョイント部には塩ビ管のジョイントを削り接続。ペーパーの集塵穴は皮用ポンチで空けで準備OK。

いや~かなり良くなりました。粉もほぼ吸い取ってくれる様です。
ちょっとホースが邪魔なので、後々、改善したいと思います。

11.08.19 『OTOROクランプ』の個人的な感想。

『OTOROクランプ』の個人的な感想。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

お盆中、久しぶりに帰省してました。
舘岩から離れると暑いです~。バテました。

さて、6月くらいにオフ・コーポから『OTOROクランプ』を購入したとブログに書きましたが、使用感想を一言。

良い点
①ヘッドの部分が内部で平行に動くので、滑らかなスライドをする。
悪い点
①ハンドルの形が十字なので、近い所で使用する場合には、お互い干渉してしまう。(保管時も近くに置けず面倒。)
②ストロークが約20mmと短。
③若干だがポニーよりも重い。

個人的にはポニーの方が若干使いやすいように思いました。
まぁ、慣れもあるでしょうが。

また、セットで購入した『亜鉛メッキパイプ』が黒パイプやガス菅に比べ若干細いのでしょうか?
♯56ポニークランプをセットしたところ、ヘッド部が菅に引っかからなくて使い物になりませんでした。
これは不良品か?今度オフ・コーポさんに聞いてみよう。

11.08.13 接ぎ合せのテクニック。

接ぎ合せのテクニック。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

あんまり娘の机にかまっていると生活出来ないので、ほどほどにして仕事に復帰しました。

さて、次の仕事はウォールナットの天板長さ2000mm・幅900mmの2枚接ぎ合せです。
しかし厚みが荒木52mm。仕上げが48mm。(46mmまでは許容範囲)
4mmしか削れません。う~ん困った。普通にやっていたら絶対に仕上がらないっス。
反りを直すには『火に炙る』のが良く知られていますが、もう一つオリジナル反り直しテクニックがあります。
普通、接ぎ合せの場合すべての面の平面を出してから削るのですが、あえて荒木の反ったまんま接ぎ合せます。その時
①長手方向の反りをお互い反対になる様にして、
②板の上に乗る・クランプで押さえつけるなどして、無理矢理矯正して接着。
長手方向の反りが反対になりやすい、ブックマッチの場合(木表・木裏を交互に接ぐ場合)に有効な手段です。
しかし、
①接ぎ合せ面を作るのが、もの凄く難しい。
②平面を出すのが難しくなる。
などなど難点も。
まぁ、厚み方向を削らない悪あがきの様なものですな。

11.08.10 娘の勉強机・天板。

娘の勉強机・天板。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

娘の勉強机の天板を作りました。
虫の入っている白辺を取り除いて接ぎ合せたら、綺麗なブックマッチになりました。
う~ん。贅沢。

手前の大きな天板は机の本体。
奥の小さな天板は引出になります。

このおかげで2日も仕事サボって作ってます。
あと何日掛かるのやら・・・。

11.08.10 ドミノジョイター&ルペス・オービタルサンダーのデモ機。

ドミノジョイター&ルペス・オービタルサンダーのデモ機。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

先日、FESTOOLのサンダーを購入したと書きましたが、その縁で『テクノトゥーウズ』営業さんがデモ機を持ってきてくれました。
わざわざ、山奥までありがとうございます。

さて、頼んだのは『FESTOOL ドミノジョインター』『RUPES オービタルサンダー』。

ドミノジョインターは想像していた通りの動き&効果がありそうな感じでした。
作りも良いし。でも高いなぁ~という所。

オービタルサンダーがすごく良かったです。手に来る振動がほぼ無く、もちろん研磨力も良い。
そして、機械自体に集塵が組み込まれていました。

いや~ああいう機械は海外の方が断然進んでますねぇ。

11.08.08 2008年に購入した山桜。

2008年に購入した山桜。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

2008年に『初市』で購入した山桜を7月はじめに人工乾燥し、先日やっと上がってきました。
久々にみる板は、テーブルを作る様に天板厚みが50mm、脚用に80mm。
重いよ~。

娘の勉強机にしようかと思案中です。
天板30mmくらいで良かったな・・・。と少し後悔してます。
やっぱ製材するときに、何に使うか考えないといけないですねぇ。
あと、耳部分に虫が入っていました。
材種によっては、耳部分も製材時に取らないと後々、苦労すると改めて思いました。

11.08.06 会津豪雨。

会津豪雨。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

7月27日から8月初日まで記録的な雨が降りました。
その為、固定電話・携帯・インターネットと連絡手段が全てダメになり、HPの更新もずいぶんと中断してしまいました。
楽しみにして下さっている方には、ご迷惑おかけしました。

僕の住んでいる部落、及び仕事場は無事だったのですが、桧枝岐・伊南・南郷・只見方面はかなりの被害があったようです。(写真は伊南・大桃付近です。)

今年の福島県は災難が続きます。
残念ですが、これからも頑張って仕事していきたいと思っています。