木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

11.07.27 刃の黒幕・♯8000。

刃の黒幕・♯8000。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

先日の事ですが、SHAPTON『刃の黒幕・♯8000』を譲ってもらいました。
ありがとうございます。Aさんに感謝・感謝です。
思えば、お金が余った時に♯8000を買おうと思いながら(お金が余るはず無いんですが・・・。)数年経ってました。

使ってみるとやっぱ良いですね。きめ細かさが段違いです。
最後の研ぎがより光り輝いています。
ただし吸水時間にもよりますが、砥石が少し硬い感じがします。
しかし慣れれば問題無さそう。
♯5000と共に、大切に使わせてもらいます。

11.07.25 ルーター・トリマー応用講座~第二回目。

ルーター・トリマー応用講座~第二回目。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

木工展から日を空けず、『ルーター・トリマー応用講座・第二回目』を行いました。
二回目はスツールの座面を作る治具を製作&加工。
スツールの組み立てまでを行います。

今回も怪我も無く、無事に終わりました。
一安心です。
これでやっと7月の仕事も一段落です。良かった。


11.07.23 会津田島・祇園際。

会津田島・祇園際。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

今年も会津田島・祇園際に行ってきました。

台風の影響か、7月末なのに寒くて子供たちが震え出し、すぐに帰っちゃいました。
でも、いわきの『なみえ焼きそば』や『味噌ラーメン』が暖かくて美味しかったです。

11.07.19 木工展が終わりました。

木工展が終わりました。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

昨日で表彰式も終わり、無事に木工展が閉会しました。
東日本大震災の事があり、当初は開催の中止も考えていたようです。
が、どうにか今年も無事に終わって、参加者・関係者の全ての人に多謝です。

しばらく休んでいなかったので、今日はお休み~。
流石に疲れました。

11.07.17 2011年アマチュア木工家展。

2011年アマチュア木工家展。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

2011年のアマチュア木工家展が始まりました。
初日は『ルーターを使ったあられ組の額縁』の実演。
二日目は『布張りの子供スツール』の体験教室を行いました。

見学&参加して頂いたお客さんは、みんな熱心に参加してくれました。
ありがとうございました。

11.07.13 木工展の追い込み。

木工展の追い込み。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

16日~のイベントに向けて、準備しています。
木工教室で使う、脚部分を加工しました。
部材が小さいので、鉋かけるのが思った以上に大変でした。
しかも、4本脚×15セットで60個。いや~腕パンパンですよ。

あぁ~間に合うんだろうか・・・。

11.07.10 4本脚の仮組み。

4本脚の仮組み。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

天板に引き続き、脚の加工に入りました。

まぁ、良くある4本脚タイプなので、ぼちぼち順調に加工は進んでいます。
ある程度、加工すると『仮組み』という工程に入ります。
これは、ホゾ・ホゾ穴の締り具合や全体のバランスなどを確認する為に、仕上げ前に一度組んでしまおう。というものです。

ふつうは♯52ポニークランプでグイグイと入れますが、ここで懐が深いタイプ♯56があると2方向の締め付けがやり易く、仮組みも容易になります。

11.07.06 接ぎ合せ板・狂い直し。

接ぎ合せ板・狂い直し。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

他の職人が作って、在庫してあった接ぎ合せ天板が狂いました。
板の現状・厚みが30mmくらいです。
削って狂い取りをしたら、ほとんど残らないでしょう。

そこで、凹面を水で湿らせて伏せ、凸面を乾燥させて元に戻します。
但し一時的な処置で、本当は火で四方をあぶり、瞬間的に強い力を加えると直ります。(もちろん、経験と勘が必要ですが・・・。)
そして、板がまた反らない内に、塗装→脚の取り付けをして矯正する予定です。

写真は板を上・下・真中の桟で挟み、無理矢理、平らに矯正しているところ。