木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

11.02.24 ケヤキの衝立。

ケヤキの衝立。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ちょっと遠出をしていて、更新してませんでした。
すみません。
今日から仕事開始です。

まずはケヤキの衝立を作ります。
まずは衝立本体部分からの平面出しから。
しかし、虫穴が凄いです~なんと35ヶ所もあり、削ったら生きた虫が3匹出てきました。
やはり、天乾だけじゃ虫は死なないのか?
虫穴をすべてホジクリ返し、エアーを吹きかけて穴内を綺麗に掃除→オガ埋めしました。
後は、納品後に虫ちゃんが出ないことを祈るだけです。

11.02.14 輪切りの割れ埋め。

輪切りの割れ埋め。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

食器棚の納品も無事終わり、一安心です。
さて、今度はまた栃・輪切りの仕上げです。

輪切りは丸太をバームクーヘンの様にカットしたもので、養分の通り道である『導管』が上部にくることになります。養分の通り道『導管』は名前の通り、無数の細かい穴がある様な状態で、物凄くオイルを吸い取ります。
この前の輪切りを加工したとき、割れた部分を接着剤&オガ粉で埋めた所にはオイルが浸透せず、もちろん他の部分にはオイルが沢山浸透して、少しムラにがある様に感じました。(ただし、加工した人にしか判らないような違和感です。結局は自己満足なのでしょうが・・・。)
なので、今回は埋めるところにまずオイルを木目に沿って塗り、乾いた後で割れ生め→再塗装にしてみたいと考えました。
こうすることで、均一な仕上がりになると思いますが、乾くまで加工が出来ず、手間と時間が掛かることでしょう。

さて、上手くいくでしょうか。

11.02.11 やっと完成。

やっと完成。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

やっと完成しました。
思っていた以上に建具と抽斗の仕込みに時間を取られましたけど・・・。

明日、納品しに行ってきます。
でも大雪予報。大丈夫かいな。

11.02.10 食器棚~その3。

食器棚~その3。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

いよいよバラバラに組み上げていた本体部分の組立です。
慎重に加工してきたとはいえ、全部組みあがるとホッとします。

あとは建具・棚板・抽斗の仕込みと仕上げで完成ですかね。

11.02.09 食器棚の続き~その2。

食器棚の続き~その2。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ある程度組みあがってきたので、先にオイル塗装をしました。

特に本体の背板・建具の鏡板などは先に塗っておかないと、板が動いたときに塗装していないところがハッキリ出てしまうことがある。

あとは引き出しと建具で完成です。

11.02.07 食器棚の続き。

食器棚の続き。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ぼちぼち食器棚の本体が組み上がってきました。
搬入の事があり、大きく①下部棚②上部棚③カウンター天板④脚部の4つに分け、現場で組み立てることにしました。

いやはや。先は長いです。

11.02.04 食器棚の製作。

食器棚の製作。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

早いもので、2月になりました。
やっとこさ雪も落ち着きを取り戻したみたいです。

さて、今月から食器棚の製作に入りました。
カウンター部と上下の収納部。建具と引き出しも作ります。
まずは木取り→木作りで板を作って行きます。

ちょっと手間が掛かりますが、引き出し・天板部は枠組で組む事にしました。
こうする事で、
①無垢板に比べて狂いが出にくい。
②軽量化が図れる。
などの利点があります。