木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

10.12.30 オービタルサンダーの修理。

オービタルサンダーの修理。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

この忙しい時期にMetabo オービタルサンダーが壊れました。
どうやら、接触不良か断線したらしく、電気が入ったり切れたりを繰り返します。

騙し騙し使えなくも無いですが、仕上げに使う重要な機械なので、修理に出しました。
色々調べ、テクノトゥールズ㈱さんに修理依頼をお願い。

見積もりでコードの断線の他、粉塵でベアリングの回転が悪くなっているので取り替えた方が良いとの事。
修理から返ってきたら、調子が良いわ~ベアリング変えると全然違いますね。
修理して良かったよ。対応も早かったです。

10.12.29 鉋の足運び。

鉋の足運び。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

今年の最後の仕事は天板の加工。
いつものように電気鉋→平鉋→サンダーで表面を仕上げて行きます。

天板の様な長い板に鉋を掛けるとき、鉋の仕込みや刃の出も重要ですが、足の動かし方も意外と重要です。
途中で鉋の動きを止めてしまうと、その部分に僅かですが鉋刃の跡が付いてしまいます。
なので、最初から最後まで一定のゆっくりとしたスピードを維持しなくては、綺麗に削る事が出来ません。

今回もなかなか上手に行きました~。

10.12.28 木のストラップ。

木のストラップ。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

この『木工日記』の写真は携帯で撮っているのですが、最近スマートフォンに機種変したら、使い方が良く判りません。
写真をPCに取り込むアプリをダウンロードしなくてはならず、四苦八苦です。
とりあえず、メールで写真をPCに送ってからの画像加工にしました~。面倒くさ。

さて、やっと今年度中の仕事も目処が立ち、来年早々のイベント『きこりの店・初市』の準備に取り掛かりました。
僕の講座では珍しく、初心者にも出来る『木のストラップ作り』をやります。
限定50個。そして色々10種類作りました。

個人的なヒットはチギリ形のストラップ。
風呂に入っている時に思いついたのですが、ナカナカ良いなぁ~。
早速、嫁に試作をプレゼントしました。

10.12.22 鉋の研ぎのタイミング。

鉋の研ぎのタイミング。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

今日は朝から雨です。
雪じゃなくて雨です。
僕が舘岩に引っ越してから、12月中頃を過ぎて雨だったのは初めてじゃないでしょうか?(いつもは雪ですね。)
暖かいです~先日振った雪が全部溶けました。

さて、一仕事終えて鉋を研ぐ前のスナップ写真です。
少なくとも、仕上げ・面取り・小鉋の3丁。
多いときには+5~8丁&鑿を一気に研ぎます。
刃物の研ぐタイミングは人それぞれでしょうが、僕の場合は仕事が完成した時に研ぎます。(但し、すぐに使いたいときは単品でも研ぎますが...。)
『研ぐ』という同じ動作を繰り返すことで、少しでも精度良く研ぎたいからです。
でも、それは僕がまだまだ研ぎが下手だからだと思います。
とか思いながら研ぎました。

研ぎ終わると、やっぱり気持ちが良い。

10.12.18 箱物。

箱物。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

久しぶりの『箱物』です。

ほとんど抽斗の形なのですが、ベンチ下に置いて靴入れにする用だそうです。
なので、組み手を『包み打ち付け』から『3枚組』に変更。(予算の都合で5枚or7枚組にはしませんでした~。)

溝入れたり、取っ手作ったりと久々の加工はナカナカ楽しいっす。
接着→塗装の後はキャスター付けて完成です。

10.12.17 天板の木口・木端の鉋掛け

天板の木口・木端の鉋掛け イメージ ▲ クリックで拡大表示

脚の後は天板加工です。

天板の木口・木端は立てて鉋掛けです。
横にしたまま鉋掛けする人もいますが、僕はあれは苦手ですね~。
やっている内に直角が狂ってきます。

だから、面倒くさくても天板をクランプで固定して、鉋掛け。
結局これが一番正確で早いんですよね。

さて、例年に無く雪が降りません。
明日はスキー場のOPENみたいですが大丈夫なんでしょうか?

10.12.11 脚の加工。

脚の加工。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

今日は脚の加工をしました。
お客様がゴツイ脚をご希望で、一つ一つの部材が大きいです。
板脚部分に貫が貫通し、クサビで固定します。

来週からは雪が降るようです。
根雪になる前に仕事を沢山こなさなければ...。
そして、今年こそスキー場でスキーをするのだ!

10.12.09 昇降盤。

昇降盤。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

座編みスツールの加工をしています。

脚の外側は大きくRを取るのですが、前まではルーターテーブルで加工していました。
しかし、偶然にもヤフオクで同じ昇降盤用・Rのカッターが安く落札出来たので、そちらで加工してみました。
う~ん。快適。
パワー&安定性が違います。

昇降盤と言えば、先日久々にやっちまいました。

大まかな木取り時に、木が丸鋸の後っ刃に引掛って自分にぶっ飛んできました。
見事に腹部にヒット!
瞬間、『ヤッチマッタ~俺死んだかも。』
と思いました。
実は、木工加工用機械作業主任者・安全講習で木工機械の死亡事故の一例で、まったく同じ様な事故『昇降盤作業中、腹部に木材が刺さり死亡』との話を聞いていたのです。
幸いにも
①腰痛用の分厚い腰ベルトをしていて、その部分に当たった。
②飛んできた木材が50×50mmくらいで、鋭くなかった。
などの理由で、打撲による内出血程度ですみました。

改めて、安全って大事だなと思いました。

10.12.07 いつの間にか師走。

いつの間にか師走。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

気が付いたら10日間ブログ更新してませんでした。すみません。
別に怪我や病気で休んでいた訳ではなく、休み無く働いていました。
なんか細かい仕事が多くて、あっちこっちに手を出しながらの仕事です。

写真もその一つ。
仕上がっている天板(胡桃にウォールナット着色)の四つ角を丸く落とし、面を丸面に加工。
その後、再塗装。
仕上がっている板に加工するのは、なかなか緊張します。