木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

10.10.27 初雪。

初雪。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

全国的に寒いとニュースでやっているが、ここ舘岩でも初雪が降りました。
写真で判りますかね?上の方にうっすらと雪が。
気温もグッと冷え込み一気に冬です。寒いよ~。

この寒さで、下の子が風邪気味に...。

10.10.26 トチの瘤板。

トチの瘤板。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

トチの瘤板の加工に入りました。
当然ですが、瘤の部分とその周辺の割れが多いね~。

チギリ3つ→割れ埋めでタップリ半日は掛かりましたよ。
でも、手のかかる板ほど仕上がるとキラキラと綺麗になるものです。
今から楽しみです。

10.10.21 座面の治具。

座面の治具。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

やっとトリマー・ルーター上級講座の座面加工の治具を作りました。
(写真は杉での試作加工)
当初はもう少し複雑なR加工をしようと考えていたのですが、色々なRが増えると四方反り鉋などの手道具が沢山必要になり、講座生の負担になるので止めました。
あくまでも『ルーターで加工をする』ことが目標です。

但し、座面加工→組み立て→仕上げでも2日ギリギリ使うと思うので頑張ってもらわないとね。

そういえば、紅葉はボチボチ色付いてきました。月末くらいには見頃になりそうです。

10.10.19 家具造りの実演。

家具造りの実演。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ちょっと急ですが、工務店さんが製材を見学しに来ました。
そこで製材した板を家具するまでの工程説明&軽い実演を行って欲しいとのこと。

朝から急いでチギリなどの見本作り、スグに製材工場へ行って説明。
何とか満足して頂けたようで一安心です。

さすがに60人もいると大変ですわ~。

10.10.17 トチの木取り。

トチの木取り。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

やっとオニグルミの板接ぎ合せが終わりました。
急な仕事の割には日数が掛かりました。
あぁ~色々と仕事を先送りにしたので、今月末は時間が厳しそうです。

そして、トチの木取りをしました。
今回は一枚の板から脚材を取ります。
欠点・木目を考慮しながらなので悩みながらの作業ですが、どうにか満足出来る木取りが出来ました。

10.10.14 デジタルノギス・カーボンファイバー。

デジタルノギス・カーボンファイバー。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

新たなノギスが欲しくなり、デジタルノギス・カーボンファイバー(電池&ソーラーパネルの2電源方式)を購入してみました。

デジタル式なので、数値の読み間違いが少なく(但し、ZEROポイントを間違えると数値が大きくずれることになる。)使いやすいと考えたのですが...。
今まではステンレル製しか使用した事が無いので、カーボンファイバーの今にも折れそうな感じが不安ですね。落としたら壊れそうな予感がする。
木工作業よりも精密作業に向いているノギスの様です。
いや、丁寧に扱えってことか。

10.10.12 オニグルミの板接ぎ

オニグルミの板接ぎ イメージ ▲ クリックで拡大表示

またまたブログ滞ってました。すみません。

さて、ここ一週間ほどオニグルミの板接ぎをやっています。
大量の板から幅・色・長さを、ちょうど良く切って合わせて接着します。
これが本棚や吊戸棚の計10個分+α。
まだまだ終わりませんよ~。

10.10.05 PELTORイヤーマフH540A。

PELTORイヤーマフH540A。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

愛用していたPELTORイヤーマフH520Aのヘッドバンド部分の金属部分が突然『パキッ!』と折れました。
数年間ほぼ毎日使用していたので、装着時における金属疲労が主な原因かと思われます。
H520A毎日本当にありがとう。

しかし、毎日使っているので無いと限りなく不便。特に手押し・プレナーの加工音は激しく裸耳ではとても仕事にならない。(木工関係者では耳栓しない人も多くいるが、よく我慢できるなと感心する。)
検討の結果、H520Aの上機種・世界最高レベルの遮音を誇るH540Aを購入してみました。
説明書によると『ジェットエンジン等最も激しい騒音に対応します』とある。
ジェットエンジンの近くでは仕事をしないが、木工機械の騒音を心地好く遮ってくれるでしょう。
但し、285gと少し重いのが玉にキズですが...。

10.10.03 ルーターでの丸脚治具。

ルーターでの丸脚治具。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

ルーターでの丸脚治具がやっと完成しました。
写真の手前が以前のブレて傷が付いた脚。
奥が今回の完成した脚です。

慣れれば1本20~30分で丸ホゾ・テーパー・クサビの切り込みまで出来るでしょう。
あとは受講生の持ってくる機械に合わせて、寸法を調整すれば大丈夫でしょう。

ようやく資料が書けます。受講生の皆さん、大変お待たせ致しました。
明日には案内発送します。

10.10.03 那須あーとクラフトフェア。

那須あーとクラフトフェア。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

那須あーとクラフトフェアに行ってきました。
今年で第2回目ですが陶器・ガラスの人なんかも結構居て、去年とはまた違った印象を受けました。見て回るだけで勉強になります。

しかし、相変わらず会場・駐車場が土でベビーカーには優しくないですね。どうにかならないんでしょうか・・・。