木工日記
木工日記 イメージ画像

日々の製作活動の中で感じたことを書き綴っています。

10.08.31 トリマー・ルーター中級講座。

トリマー・ルーター中級講座。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

今日・明日とトリマー・ルーター中級講座が始まりました。
珍しい平日講座なので、仕事を休んで来る人もいました。ありがとうございます。

初日はあられ組み接ぎの治具を作り、試験材の加工をしました。
明日は品物の加工です。上手く行くと良いですね。

10.08.30 刃口埋めの続き。

刃口埋めの続き。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

先日の刃口埋めが予想以上に上手く行ったので、他の小鉋にも埋め加工をしました。
接着剤は酢酸ビニールエマルジョン。いわゆる木工用ボンドというやつです。
硬化後も接着剤が軟らかく台直しの刃を傷めないので、PIボンドでは無く此方を選択しました。

さて、明日から講座です。まだまだ暑いからホドホドで頑張ろう。

10.08.28 鉋の刃口埋め。

鉋の刃口埋め。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

暑いですね~。
舘岩の作業場は毎日25~30℃くらいです。
いつもならお盆過ぎると肌寒く秋の気配を感じるのですが、今年は夏のままですね。
ここにきて初めて汗疹が出来ました・・・。

今日は少し早く終わったので、気になっていた鉋の刃口を改造しました。
荒仕上げ用・合板用の鉋で雑に使っていたのですが、どうにも刃口が大きくなってきて使いにくい。
溝を掘り→家にあったブビンガでちょうど良いサイズにカット→接着しました。
大きめに接着したブビンガを明日は綺麗に削って行きたいと思います。

10.08.26 割れ埋め。

割れ埋め。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

トチの座卓・脚を作ってます。

トチには①鉄砲虫の大きい虫穴②赤身に出る細かな割れ③乾燥時に出る耳部・木口割れなどの割れが出ることがあり、今回の材料にも①と②が出ていました。

割れは基本的に埋めます。
埋めたのが目立たないように、埋めるオガ粉には赤身の大・中・小。白辺の中・小。を用意し周りの色に注意しながら埋めて行きます。

そして、久しぶりに作品集(chair)を更新しました。
その内に道具ブログも更新したいと思っています。

10.08.24 ブックマッチ。

ブックマッチ。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

お盆を避けて休暇をとっていたのでブログが滞っていました。すみません。

さて、復帰後の仕事はブックマッチの板接ぎです。
ブックマッチは本を開いたように、木目が左右対称になるように2枚の板を接ぐことです。
削ると如何しても木目のズレが出るので、全体的な木目・部分的な木目を考慮しながら左右の位置を決めます。
それが結構難しい。

半日かけて何とか接ぎ合わせ出来ました。

10.08.16 小箱の見本試作品。

小箱の見本試作品。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

今日は今月末に開催予定の『トリマー・ルーター中級講座』の①見本試作品の加工。
②加工手順のポイントのおさらいと加工順序の組立て。③そしてそれをテキストにする。
をしました。

去年は『トリマー・ルーター応用講座』として、これでもか!と言わんばかりの色々詰め込んだ道具箱を作る講座をしたら、受講生がついてこれなかったので(これは私のミスでしたね。すみませんでした。)今年はあられ組み・溝加工・端バミ加工などをピックアップして小箱を作る講座にしました。

上手く行くと良いけど・・・。

10.08.16 ロゴマーク。

ロゴマーク。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

突然ですがKojima Design Workshopにはロゴマークが存在します。
ロゴの意味は小島家家紋の『丸に釘抜き』と僕の名前『英』を合わせたものです。
HPのTOPページにさり気無く出ているのですが、みなさん気付いていないと思います。(だってほとんど使ってないし・・・。)
当初、落款用としてデザインしたのですが、そのままズルズルと印を押さずに作ってきました。

しか~し!やっと落款印の完成です。
ご縁があり、『那須野遊印 しの』さんの彫師 篠崎さんに作ってもらいました。
これからはバンバン押しまくるぜ。

10.08.09 チギリのストック。

チギリのストック。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

天板講座で余ったチギリ用材でチギリを作りました。
ケヤキ・カバ・ウォールナットで計100個くらい製作。

チギリの作り方は色々ありますが、僕は一個ずつ使い切りでチギリで製作しています。
このほうが歩留まりも良いし、一つ一つの微調整も出来ると感じます。

10.08.05 文机完成。

文机完成。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

腰痛治療の為、初めての鍼治療をしてきました。
鍼を打つと周りの筋肉がキューっとなる初感覚。治療後は腰を回せる様になりました。
さすが東洋医学。神秘ですな。

やっと文机完成しました。
写真では判りませんが、ぼくは棚板・天板内部などの見えないところも塗装します。
だって片方だけ塗装してあると反りますし。
内部を塗装しないのは、フラッシュ家具の塗装方法ですね。


10.08.03 文机。

文机。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

引き続き腰痛なので、8月はあまり頑張らずに仕事したいと思います。
とは言っても、今月初め納期の文机だけは急いで加工しなければ・・・。

文机の側板・天板は留め加工。
側板・棚板・束はホゾ加工で組んで行きます。

単純な形だからこそ、より木目にも注意しながらの作業です。

10.08.02 腰痛と天板講座。

腰痛と天板講座。 イメージ ▲ クリックで拡大表示

3~4日前に、久しぶりにひどい腰痛になりました。
病院では軽いギックリだと言われショックでしたが、如何せん7/31~8/1はマイ・テーブル天板講座の2回目で休むわけには行きません。

さて、2回目では主にチギリ・耳加工・蟻の吸い付き桟の加工をしました。
いつもの事ながら僕はあまり手を出さず失敗も成功も自分の責任で。というスタンスで、皆さん真面目に頑張っていました。
最後に蟻桟が割れるハプニングはありましたが、怪我も無く無事に終わり一安心です。